車を売りたいけど、不安でしょうがない!安く買い叩かれない為の対策ナビ^^b

手順を間違えると安く買い叩かれます
車を売りたいけど、なにをどうしたらいいの?特に初めて車を売る人は、わからないことだらけだと思います。わからないまま、なんとなく、近所のディーラーや車買取店にもっていくと、まず安く買い叩かれます。彼らも安く買って、高く売るのが商売だからです。車を高く売るには、ある手順にもとづいて売らないと駄目です。また、売り先や売り方を間違えると、売ってから、契約直前で値下げしようとしてきたり、場合によっては損害賠償を請求されることもありますので、しっかりとした手順を踏んで車を売りましょう。

車売りたい人の為の高額査定サイト

Goo買取
エリアと車種から、買取強化中の買取業者を選ぶことができるので、業者からの連絡の多さに悩まなくてすみます。
■メリット
・エリア、車種から買取強化中の買取業者を選ぶことができるので、業者からの連絡の多さに悩まなくてすみます。
・実際に見積もりをだしてもらう際は業者を選べる。
・必要情報が少なくて入力が簡単。2分以内に終わる。
・車の売却時期は未定でもOK。とりあえず、自分の車の今の値段を知ることができる。

■デメリット
・査定される金額は、実際の買取相場より少し安め。
・実際の金額は見積もりを実際にだしてもらうまで分からない。
・他社の実際の買取金額を見て比較することができないので、高額買取業者を取りこぼしてしまう可能性はある。
サイトの種類
一括査定サイト
対象エリア
日本全国
査定店舗数
エリアにより異なる 全国366店舗が登録
他サイトにはない特徴
入力したエリアで、入力した車を「買取強化中」の店舗のみ表示され、査定する先を自分で選べる
かんたん車査定ガイド
10社以上に一括で査定できる。相場をすぐに知りたい人におすすめ。
《メリット》
・32秒で査定できる。
・反応が速い。
・10社以上に一括で査定できる。

《デメリット》
・査定申し込みをした後、営業電話が一斉にかかってくる。
サイトの種類
一括査定サイト
対象エリア
日本全国
対象車
国産車、外国車、修復歴あり
提携業者数
55社
査定依頼が来る業者の確認・選択
不可能
入力項目
9項目
Ucar査定
個人情報が流れない車査定
《メリット》
・情報を入力すると概算価格(相場)が表示される
・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ
・対応エリアは全国
《デメリット》
・売るまでの時間は長い
楽天車買取
全国100社以上から一括査定依頼が可能
■メリット
・楽天ポイントがつく(査定で5ポイント、成約で1500ポイント)
・全国100社から査定
・下取りと比較すると、価格差は平均10万円以上

■デメリット
・営業電話がかかってくる
エリア
日本全国
査定会社数
100社
サイトの種類
一括査定サイト
特典(メリット)
楽天ポイントがつく(査定で5ポイント、成約で1500ポイント)
スピード買取
相談/送料/出張査定料0円
《メリット》
・便利で安心のサービス
・最短30分の無料査定、主張サービス
・経験豊富な査定スタッフが常駐
《デメリット》
・キャンセル対応をしてくれるのは査定後8日以内まで
・モデルや状態が新しめだと他社より査定価格が低い傾向がある
カービュー
《メリット》
・買取り業者が多い
・利用者が多いので買取り相場などの情報もすぐわかる
・経験豊富な査定スタッフが常駐
《デメリット》
・一括査定は最大8社まで
・出張査定サービスが出来ない地域がある
ズバット車買取比較.com
愛車の買い取り相場WEBでスグわかる!
《メリット》
・全国150社以上の中から最大10社が無料査定
・有名どころの買取業者が査定
・参加している査定業者の数が多い
《デメリット》
・電話がしつこいという口コミ多数
タウ
どんな事故車でも高く買い取ります!!
《メリット》
・事故車の買取シェアは業界No.1
・他社で値が付かない場合でも、タウなら値が付く可能性も
・事故車だけでなく、水没車もOK
・無料出張査定を利用可能(全国対応)
《デメリット》
・ボロボロの事故車買取はそこまで高くない
トラック王国
中古トラック、重機の最強買取り
《メリット》
・トラック買取業界知名度No.1
・トラック買取お客様満足度90.3%
・日本全国査定、出張費0円
・面倒な売却書類の代行が無料
・レッカー費用と陸送費が無料
・形状、ディーラー、車種、廃車などに関係なく買取対応している

車の売る際に、査定額をあげるために・・・下取りか買取か

大切に乗っていた愛車も、型が古くなったり走行距離が多くなる、家族構成が変わったなど様々な事情によって買い替えを検討しなければならなくなります。新車を購入する場合はディーラーに言われるままに下取りに出してしまうという人が多いでしょうが、実は下取りに出すと損をしてしまう可能性があります。

下取りの場合、だいたい10万円から高くても30万円程度しか新車購入価格から割引してもらえません。それくらいなら、中古車買い取り業者に連絡して売却したほうが、よほど高値で売れる可能性があるのです。もちろん全ての車がそう言えるとは限りませんが、下取りと買取りでは驚くほど査定額にちがいがあるため、参考までに愛車を中古車買い取り業者へ査定に出してみると良いでしょう。

ただ、中古車市場のことを何も知らずに査定依頼を出してしまうと、買取業者の言い値で納得し、売却してしまうことも多いです。本来なら50万円の価値があるのに、どうせ価値など分からないだろうと軽く見られて10万円で査定されてしまうこともあり得ます。せっかく大切な愛車を売却するのですから、できるだけ高く売りたいと考える人がほとんどでしょう。安く買い叩かれないようにするために。どうしたら高く買ってもらえるか。そういったポイントを把握しておくことで、何倍もの高額査定を勝ち取ることだってできるのです。

具体的には、まず車の状態を確認しておくことが重要です。言うまでもありませんが、ローンが残っている車を売る場合や傷のついた車は、高く売るどころか買い取り対象外となっているケースも多いです。また、過去に事故などを起こして修理した車の場合、修復歴・事故歴の申告も必ず必要になります。

外見上分からなくても売却後の詳しいチェックでバレることが多く、その場合は買取業者と返金などのトラブルになってしまう可能性もあるので注意しましょう。洗車は必要かどうかを気にする人も多いですが、洗って落ちるような汚れは査定額に直接影響しません。ただ、あまりに汚れた車だと査定を行うスタッフの心証が悪くなってしまうので、出来れば一度洗車に行っておくと良いでしょう。

また、最も重要なのは査定を複数の買取業者に依頼するということです。相見積りを行うことで自分の車の平均的な相場が分かりやすくなりますし、極端に高値や安値を付ける怪しい買取業者を見分けることもできます。少しでも高い査定額をつけてくれる業者を見つけるのには最適なので、必ず相見積を取ってください。

高く車を売りたい自分が、安く車を買い取りたい業者とどう交渉するか

車のオーナーとしてはできるだけ愛車を高く売りたいと考えますが、当然ながら買取業者の方は少しでも安く買い取りたいと考えています。買取業者は買い取った車を転売するなどして利益を得ているため、安く買って高く売るというスタイルが基本です。

このため、あえて本来の価値よりも低い査定結果を出す買取業者も数多くいます。もちろん査定額はあくまでもその業者が買い取れる金額なので、市場価値と比較して極端に安い査定額を付けることは法律に違反するようなことではありません。しかし、市場や車の価値などに詳しくないオーナーに対して低い査定額を付けることは褒められるものではなく、信頼して取引できる業者だとは言えません。その車の価値を正しく査定し、適切な範囲内で高い査定額をつけてくれる良心的な業者を見つける必要があります。

そこで役立つのが、複数の買取業者に対して同じ査定依頼をかけることです。インターネット上の簡易査定だとあまり精度が高くないので、できれば直接車を見に来てもらえる査定を依頼しましょう。簡易査定の査定額と実際の査定額はどれぐらい違うかというと、車種や傷の状態などにもよりますが数万円から10万円以上簡単に変わってしまう可能性もあります。簡易査定だと査定額の信憑性も低いので、時間を作って実際に査定に来てもらった方が安心です。

その時、少しでも高く売るための交渉術として、複数の業者に同じ日時を指定するのも効果的です。それでは業者同士が鉢合わせしてしまうではなかと心配する人も多いでしょうが、同時に査定に来てもらうのは失礼ではないあたりまえのことであり、互いに査定額を競争させることができるので高額査定になりやすいというメリットもあります。

また、出された査定額もそのまま鵜呑みにするのではなく、自動車税の還付金を含む査定価格かを確認するようにしましょう。還付金は忘れやすいポイントなので、冷静に見直すと思ったほど高値にならない査定額を出されている可能性もあります。また、契約のタイミングが自分の希望通りにできるのかという点も重要です。査定額はあくまでも査定時点での金額であり、契約のタイミングによっては価値が変わったと言って査定額の変更を申し出てくる業者もあるので注意が必要です。

このように様々な交渉ポイントがありますが、いずれの場合でも大切なのは即決はしないということです。納得できる査定額の場合は良いのですが、少しでも不満が残る場合は他の業者にも査定してもらい、比較検討するようにしましょう。

車買い取りの営業マンはどんな人達?

ひと昔前の日本は、やはり新車が圧倒的な人気を誇っていました。誰だって新しく自分好みにカスタマイズできる車の方が良いに決まっていますが、現在は少し事情が変わってきています。

若者を中心に車離れが進んでいると言われており、それほど新車にこだわらず、中古車でも構わないという人が増えてきているのです。それに加えて、日本の車は綺麗に使われているので、10万キロ走っているような中古車でも、海外では通常の中古車として、結構な値段で取引されています。さらには日本車は世界中に販売されているため、修理の際のパーツ取りとしても高い人気があります。そんなわけで、中古車市場も非常に活性化しており、オークションサイトやフリマサイトなどを活用して個人間で車の取引を行うケースまで登場しています。

こんな状況なので、車買取業者は他社より早く、良い車を多く買い取りたいと営業マンたちが必死に営業活動を行っているのです。

中古車買い取りの営業と聞いてもすぐにピンとこないですが、例えば査定を依頼してきたお客さんに対して他者の悪口を聞かせる、査定額を正当な価値うよりも極端に低くまたは高く提示する、査定後に契約をキャンセルした場合は査定料金やキャンセル料金などを請求するといった悪質な行為をしてしまう営業マンもたまにいます。

もちろんこれが全ての車買取査定の営業マンの実態というわけではなく、良心的で真摯に営業してくれる営業マンも多いですが、買取業者の思惑によって営業マンの質も大きく変わるということは覚えておきましょう。
では、あくどぃ業者とそうでない業者の違いは何なのか気になる人も多いでしょうが、一番簡単に見分けられるのはやはり査定額です。低すぎる査定額を付ける業者は利ザヤを多くしようとしていますし、高すぎる査定額をつける業者は契約後にあれこれと難癖をつけて買い取り額を引き下げてくるケースが多いです。

できるだけ多くの買取業者に査定をしてもらうことで平均的な価格帯が分かり、そこから極端に乖離した怪しい業者を区別しやすくなります。最近は車の査定を複数の業者に一括で依頼できるサイトも数多く開設されており、無料で車買取の査定相場を匿名でかんたんに知ることができるようになっています。あくまで入力した情報のみの簡易的な査定にはなりますが、匿名で査定してもらえるので悪質な営業マンにしつこく食い下がられる心配もありません。

ただ、電話番号などを入力しなければならないサイトも多く、そういった場合は一括査定の後の電話の嵐についても覚悟しておく必要があります。(グー買取ならこれがありません)営業マンも契約を取りたくて必死なので、悪質な業者ではなさそうだと判断したら少し話を聞いてあげるのも良いでしょう。うまく交渉すれば、査定額よりも高い金額で契約してくれる可能性もあります。

車を売却するときの手順・流れ(申込~入金)

車を中古車買い取り業者に売却する場合、まずは無料一括査定を行うのが最も効果的です。一括査定サイトは数多くあるので、その中からできるだけ加盟している業者数の多いサイトを選んで利用登録しましょう。基本的には無料で査定してもらえるのですが、中にはキャンセル料金などを請求してくる悪質な業者が紛れ込んでいる可能性もあるので、業者のクオリティや評判などにも注意しておきましょう。(グー買取だと業者ごとの評判が口コミででていますよ)

一括査定を申し込むと、簡易査定であれば数日でメールやサイトのページから査定結果を見ることができます。そこで高値を付けてくれた業者を選んでも良いですし、より確実な査定結果を知りたい場合は出張査定を申込み、業者と日程を調整します。実際に車を見て査定した金額をチェックし、納得できれば契約を結びます。この時、業者が出した金額を素直に聞き入れるのではなく、多少なりとも交渉をしてみましょう。例えば他の業者も検討しているという話や、あと数万円上乗せしてくれたら即決できるなど、少しでも査定額が高くなるような交渉がおすすめです。

無事に話がまとまれば、いよいよ具体的な契約手続きに入ります。この時、車を売る側が用意するべき書類がいくつかあるので事前に準備しておくとスムーズに手続きが済むでしょう。現住所と氏名の正しい車検証と有効期限内の自動車納税証明書、自賠責保険証明書に発行から3ヶ月以内の印鑑登録証明書を2通、そして中古車を売却する場合に必要となるリサイクル券を業者へ提出することになります。

どれが欠けても契約を完了させることができないので、少しでも早く代金を受け取りたいなら早めの準備が肝心です。納税証明書などは紛失していることも多いので、その場合は再発行の手続きをしなければなりません。時期によっては時間がかかってしまうので、スケジュールが遅れてしまう可能性もあります。納税証明書は毎年きちんと保管し、いつでも売却できるようにしておくことも大切です。その後、車内の私物などを全て持ち帰り、綺麗に掃除をして業者へ引き渡しましょう。

代金は引き渡しの時ではなく、その後2日から4日ほど経過してから、指定した金融機関の口座に振り込まれます。金額が契約と合っているかを確認し、問題なければ取引は終了となります。ただ、祝日や週末を挟むと振り込みまでの日数が余計にかかってしまうため、急いでいる場合は業者に具体的な振り込み日を聞いておくと良いでしょう。

車を売りたい人が合うトラブル事例

車を売却するとなると買取業者との交渉や契約が必要不可欠ですが、古本を売る場合のように簡単にはいきません。品物だけでなく取引金額も大きくなるため、トラブルに巻き込まれてしまうことも珍しくないのです。百戦錬磨のプロである買取業者に比べ、車を売るオーナーは知識もほとんどない一般人であることが多いので、悪質な買取業者に騙されて損をしてしまうこともあります。どのようなトラブルが起こりやすいのかを知り、未然に防げるように対策しておきましょう。

まずトラブルが多いのが、個人売買やオークションの場合です。個人売買やオークションは、業者ばかりではなく身元もよく分からない一般人が取引相手になることもあります。売却した後で車に故障が見つかったと連絡してきて、売却代金を返却しろと怪しいクレームをつけられることもありますし、オークションサイトに車の写真を載せた時にうっかり傷や汚れのある場所を映し損ねると、取引後に大きなトラブルになることもあります。

特に注意しておきたいのが、売却した後に本当に故障や傷などが見つかった場合です。基本的に売り主は瑕疵担保責任を負っており、買い主から損害賠償請求されてしまう可能性もあります。請求内容が正当なものなら賠償金を支払わなくてはならないので、大きな損になってしまいます。賠償で済めば良いのですが、場合によっては売却代金を丸ごと返せと要求されてしまうこともあるでしょう。返還請求について詳しくない場合はトラブルが大きくなってしまうので、個人間の取引はできれば避けた方が無難です。

業者相手の売却の場合、契約の段階になって急に査定額よりも低い金額を提示されるというトラブルがよく見られます。高い査定を出しておいて、傷や故障があるからと難癖をつけて何とか売却代金を低くしようとする悪質な業者も多いのです。こういうトラブルでは車を既に引き渡していることが多いので、人質を取られたような形になって泣き寝入りしてしまうオーナーがほとんどですが、あまりに酷い場合はJPUC車売却消費者相談室などに相談するようにしましょう。

また、大手中古車買い取り業者(ガリバーなど)では査定額よりも契約金額を引き下げないというクレームガードという保証を付けているところもあります。査定額が保証されるので損をする心配が少なく、それだけ信頼できる業者ということになるので安心して取引を行うことができます。全ての業者が行っているわけではないので、クレームガードのようなオプションに対応している業者を探してみると良いでしょう。

車売りたい人の為の査定価格ランキング
Goo買取
かんたん車査定ガイド
Ucar査定
楽天車買取
スピード買取
カービュー
ズバット車買取比較.com
タウ
トラック王国